高御位山 (兵庫県)

12月3日(土) 44名

今年の最終山行、播磨アルプスの高御位山の縦走登山、最高で標高04mの低山だが岩の露出した山群を歩く。
寒気団が接近していて寒くなるかと思われたが、天気に恵まれた晴天のもと楽しく歩けた。。
ガイド本にあるコースの逆を、鹿嶋神社駐車場−北山鹿島神社−中塚山−小高御位山
−高御位山−鷹ノ巣山東峰−鷹ノ巣山−展望台−鹿嶋神社駐車場歩くことになった


バスから高御位山 8:45am

 
鹿嶋神社へ到着、駐車場で恒例の準備体操 9:05am


鹿嶋神社から北山鹿島神社の登山口へ向かう道から高御位山 9:30am


小高御位山手前から家島諸島とその先に小豆島の最高峰嶮岨山が霞んで見える 9:55am

 
小高御位山から高御位山を見る、小高御位山の高圧線鉄塔の下で小休止 9:55am


高御位山直前の岩場勾配は急だが岩は滑らず歩きやすい 10:40am


目の前に頂上が 10:50am

 
頂上へは11:00amに到着、昼食、食後ゆっくり頂上の岩場を楽しむ 11:25am


奈良の山ではなかなか経験出来ない、明るい尾根歩きは景色も良く快適 0:18pm


鷹ノ巣山から姫路城が見える 0:50pm


鷹ノ巣山から歩いてきた尾根を振り返る 0:02pm


百間岩を下る、ゆっくり慎重に 1:00pm


 
百間岩下の展望台で 1:06pm


展望台から百間岩を振り返る 1:08pm

鹿嶋神社で参拝する人もあり、駐車場へは1:20pm頃に到着バスで帰りの途中恒例の入浴
これが奈良のではく、播磨の「やまとの湯」でさっぱりしてほぼ予定通り帰着した。