蓬莱山(滋賀県)

2006121 35人参加

冬の登山は雪山に限ると湖西の蓬莱山へ、スキー場になっている山だけに今年の積雪は
十分だし、先週の下見報告では楽しい雪山登山が期待できた。
ところが、一週間前からの長期予報は雨の確率が高く前日の予報では雪の確率は70〜80%
当日の天気次第ではロープウエーの往復利用も考え出発する事に決定する。

白橿を午前6時30分にバスで出発、天気は曇りで寒いが雪の気配もないので予定通り花折れ峠の先
平バス停から アラキ峠−権現山−ホッケ山−小女郎峠−蓬莱山−打見山へを歩く事になる。

国道の平バス停でバスを降り、すぐに登山道へ登山口から積雪は2−30cmはありそう
 
9:20am登山口から登り始める

 

登山口から少し登って小さな広場で衣服調整して、ここから2班に分かれて登る 9:35-40am


 
勾配は緩急入り交じり雪が深くなってくる11:05am、

 photo byT.Kimura
琵琶湖の景色も見え権現山山頂が近い 11:15am



 
photo by T.Furukawa
権現山に到着11:20am


左に蓬莱山と右に小さく伊吹山が眼前に 11:20am

 
 
photo byT.Furukawa                      photo by T.Kawagoe
 
photo by T.Kawagoe
昼食は風を避けて早めに、この犬登山口から先導してきた報酬を要求する 11:45am 


昼食後ホッケ山へ向かう
 
photo byT.Kimura


photo byT.Furukawa
ホッケ山 11:50am


photo by T.Kawagoe
昼食後蓬莱山に向けて尾根を歩く 0:10a


photo byT.Kawagoe
蓬莱山の頂上手前 1:10pm


 
photo byT.Furukawa
蓬莱山の頂上 1:20pm


photo byT.Furukawa
蓬莱山から打見山へスキー場を歩く 1:25pm
 
後は打見山からアルプスロープウエーで山麓駅へ、バスで大津やまとの湯で汗を流して
一路帰路へ、R24が渋滞で7:30pmに白橿へ帰ってきた。

今回の登山は全登山道が新雪で天気にも恵まれ本格的な雪山を歩く事が出来て満足であった。