武奈ヶ岳 (滋賀県)

6月11日(日) 参加者48名

比良山系の最高峰武奈ヶ岳を目指す、天気が心配だ。

坊村登山口から登る。登山口からすぐ急勾配のジグザグ道になる、ここは

針葉樹の林で風も通らず、もくもくと登るだけ。

標高800m辺りから落葉樹の明るい林の中風も通り緑を愛でながら歩く

尾根の中腹を巻ながら御殿山に到着ここからは眺望が開け目指す武奈ヶ岳も

見える(頂上はまだ見えない)。

ワサビ峠へ少し下って少し登ると気持ちの良い尾根に出る、先を行く1班、2班が

よく見える、わが3班はだいぶ離れてのんびり登る。

11:45am頂上へ着くと周囲の山はガスの中で眺望はほとんど無し、ここで昼食。

全員で記念写真を撮って下山、下りも急な道を滑らないように注意しながらゆっくり下る。

1班と最後尾3班はかなり時間がひらいたようだ、最後尾は2:35pm頃に駐車場へ到着。

恒例の入浴は、少し北上して「てんくうのゆ」へ、今回は買い物ツアーは無し、

バスの中での大宴会はいつもの通りで帰ってきた。予定より少し遅れての帰還でした。

心配された天気は、雨には遭わず、まずまずの登山だった。

 
坊村登山口近くで準備体操 8:45am                  近くの地主神社の鳥居 8:50am

  
早速つづれ折れの急登 8:55am    やっと雑木林に標高800m付近 10:05am


武奈ヶ岳(ピークは見えない) 10:55am


御殿山に到着 3班 11:00am

 
1班,2班は早い     3班はのんびり歩く 11:30am


左が武奈ヶ岳の頂上 手前を行く3班 11:40am


頂上で記念写真 12:05am


駐車場へ帰ってきた 2:35pm