矢筈岳  (和歌山県)  55名参加
2007年6月10日(日)

和歌山県の日高川中流部に位置し白馬山脈の南、矢筈岳に登る。

55名の大パーティー、6:00am前にいつもの場所に集合、前日から天気を心配していたが

なんとか回復する事を期待して出発、和歌山御坊方面は高速道路が整備され行きやすくなっている。

林道とりつきの鷲の川橋には8:20amに到着準備体操をし、いつものように3班に分かれて歩き出す。

長い林道ではあるが、鷲の川の渓谷沿いを緑の木々と鳥のさえずりを聞きながら歩くのは気持ちがいい。

鷲の川滝手前で休憩9:00am、渓谷に懸かる赤い橋、鷲の川の滝の前を通って歩く。

滝は昨日の雨の後で水量が多い。

林道終点からいよいよ登山道にはいる、リーダーが先行し登山道を確認にする間小休止10:00am。

丸太で作られた階段の道は急登が続く。矢筈岳の頂上は狭くて55名が昼食をとることはできないとの

ことで、少し早いが昼食とする10:30−50am。食後40分程登ると風の気持ちいい尾根に出る、

ここから、蛇行して流れる日高川と初夏の山々の緑が美しく歓声があがる。

すこし急登を登ると矢筈の一つの頂上へ着く少し下って登り返すと矢筈岳の頂上へ着く、

狭いので班それぞれに写真を撮って周りの景色をあまり
見ることもなく通過して下る 11:55am。

田尻城跡に到着ちょっとした広場だ、ここで小休止0:20pm,55名の隊列はさすがに長い0:30pm。

下りの道は階段もなく、歩きやすくどんどん下り林道であいまで一気に行く。林道出合い1:05pm。

長い林道を1時間半程歩いてバスの待つ地点へ、急いで温泉へ、汗を流してすっきりする。

帰りは恒例の車中宴会、道の駅で買い物、途中渋滞に巻き込まれるが、予定より早く白橿へ到着6:45pm。

天気にも恵まれ全員元気に帰還、楽しい登山でした。


準備体操 8:25am

 
歩き始める

 
鷲の川滝手前で休憩 9:00am



 
渓谷に懸かる赤い橋、鷲の川の滝の前を通って歩く

 
登山道を確認にする間小休止10:00am 林道終点からいよいよ登山道にはいる



昼食 10:30−50am


蛇行して流れる日高川と初夏の山々


頂上に着く 11:50−55am

頂上で1班


頂上で2班

 
頂上で3班

 
田尻城跡に到着 0:20pm

 
55名の隊列はさすがに長い0:30pm                林道出合い1:05pm


GPSのトラック 表示した時間は3班の後尾のものです