平成20年度 新春登山 大和葛城山    参加者55名

2008年1月13日(日)

暖かい日が続いたが昨日の冷たい雨の後で天気が心配だったが,風もなく快適な新春登山となった
葛城山は我が町から近いが、新春登山と新年会を兼ねており山を下りて富田林市内の宴会場へ昼前に到着したいと
朝6時に出発、登山口のロープウェイの駅前には6:30am頃に到着してしまった、まだ暗い。
リーダーの判断で、50人以上が暗い登山道を歩く事は止めて明るくなるまで待ってゆっくり準備体操して登ることになる。


駅の駐車場の外灯の下で準備体操 6:34am



明るくなってきたので3班に分かれて登り始める  6:55am


 
暖かいので登山道は氷っておらずアイゼンは不要だが濡れた丸太や
板を張った橋はよく滑るので手摺りを持って慎重に登る。7:20-8:00am



ロープウェイの頂上駅付近でも道は氷っていない、霧氷も見られなかった 8:20am



頂上手前の登山道で木々の小枝に微かな霧氷が見えた 8:36am



登山道から橿原方面が見渡せる耳成山、畝傍山がよく見える 8:38am


頂上へ向かう 8:49am

頂上は少し寒いちょっと風もある、地面は一面霜柱に覆われている、頂上で全員で記念写真を撮って大阪側青崩へ下る


頂上での記念写真 8:55am


霜柱

 
バスが待つ国道まで下ってきた10:10am

宴会場には10時半過ぎに到着、ちょっと早すぎたようだ、大浴場もまだ準備中、しばらく待って入浴汗を流す
宴会は12:00amに始まる、待ち時間がたっぷりあるのでビールに手が出てしまう、で宴会前の乾杯となる。

宴会前の乾杯 11:35am

ようやく12時宴会が始まる
 
会長の挨拶、新任リーダーS氏の発声で乾杯 12:00am

宴会はよく飲み良くしゃべって2時間を過ごす

宴会場の窓から登ってきた葛城山と金剛山がよく見える。

              葛城山    水越峠                金剛山


穏やかでのんびりした新春登山だった、白橿へも予定より早く帰り着いた。