真妻山 和歌山県    参加者46名

2008年2月17日(日)

寒い冬に暖かい南国和歌山の真妻山を登ろうと計画された、が強い寒気団が南下していて
寒い日が続いている、近畿地方にも雪の予報が出ている。
朝の天気は良く、出発のバスの中では今日の登山は良い天気に恵まれそうだとお互いに話していた。
奈良県、大阪府内を走っている間は天気はよい、紀ノ川を過ぎて南下するに従って天気が怪しくなってきた
御坊ICを出て県道27に入るころから雪が降り出し見るみるうちに山の木々が白くなってくる。

登山口の大滝川森林公園に着いたときは一面雪景色になっていた
 
大滝川森林公園の風景 9:14am
 
バスを降りて準備 9:20am      準備体操をする 9:30am


登山開始、林道は雪に覆われていて踏み固まると後の人は滑るので神経を使う 9:39am


山道でも雪がある 9:55am

  
徳本初行洞窟の解説と洞窟 10:03am

 
急勾配の登山道、雪と落ち葉の下に隠れている石がよく滑る  10:08-10am

 
尾根に出て少し歩きやすくなった  10:24-11:09am

 
真妻山頂上に到着 うっすらと雪が積もっている   11:15am
頂上に着いた頃には雪も小降りになり風も強くなくここで昼食となる

 
千手観音の祠の前で豚汁の準備をする女性陣            暖かい豚汁は倶沢山で美味い


頂上から西に御坊の火力発電所と海が見える

昼食後頂上で班別に記念写真を撮る   0:06pm

1班


2班


3班

 
下りは緩やかな勾配の登山道が続く 0:22pm        林道へ出る 0:43pm


長い林道は面白くない  0:55pm


林道から登ってきた真妻山が見える、左の尾根を登り正面へ下ってきた  0:59pm

 
バスの待つ山野小学校近くへ帰ってきた 1:22pm         恒例の温泉は現在の城で 2:16pm

南国の暖かい山歩きが雪山登山になったが風が強くなく楽しい登山となった、頂上での豚汁も美味かった
準備から頂上での調理までしていただいた女性陣に感謝致します。

我が町へは約1時間早く帰ってきた。

帰ってきて後片づけして頂いた皆さん、感謝致します  5:25pm



GPS軌跡