三尾山 兵庫県    参加者45名

2008年4月6日(日)

丹波市、三尾山に登る。週初めの長期予報では日曜日6日は雨となっていたが

日曜日が近づくと共に晴れの予報に変わりほっとする。

今日は快晴で暑い程だ、バスは渋滞もなく順調に走り舞鶴自動車道へ入り丹波市に入ると

高速道路西側に接するように三尾山の急斜面が見上げられる、山腹にはコブシやタムシバの白い花が満開だ。

春日ICで降り登山口へ向かう、登山口近くの駐車場で下車、林道を少し歩いて

林道の少し広い場所で十分な準備体操をして登り始める。

 
駐車場に到着 8:30am                                   準備体操 8:40am


1班から出発 8:55am

8:55am急峻な東峰を目指して登る。林道が終わると、小さな岩が露出した急峻な登山道になる。

暑いので衣服調整、小休止をして東峰には9:55amに到着。

 
東峰頂上に到着           これから向かう三尾山の主峰  9:55am


通ってきた舞鶴道を上から眺めると、コブシやタムシバの白い花が見える

小休止して主峰へ向かい尾根道を大きく下り登り返して三尾山城趾の碑がある頂上へ到着。

10:30amちょっと早いがここで昼食となる、頂上からの展望は良く丹波の長閑な風景を眺める。

三尾山城趾 頂上に到着 10:25am

 
ちょっと早いが昼食とする

 
満開のアセビ


丹波市の田園風景


1班


2班


3班

あせびの花は満開、下からたくさん見えたコブシやタムシバは登山道では会えなかった。

食後、記念写真を撮って、西峯へ向かう、この尾根も大きなアップダウンの繰り返し。

展望の良くない西峯を通過して、鏡峠へ、ここで尾根道を離れ里へ下る。
 
尾根道で小休止11:50am                          鏡峠 12:10am

 

里へ下り、正覚寺で桜や庭を見ながら一休み桜の大木は満開に近い。

少し歩いて、バスの待つ駐車場へ、天気が良く暑かったので下山後のビールが美味い。
 
正覚寺の桜が見えた12:40am          里から見える急峻な東峰

 
正覚寺                                       バスの待つ駐車場に到着 1:00pm

バスで温泉へ向かい入浴汗を流しすっきりして帰路に、女性陣の希望が多く、

バスで30分程の所の「かたくりの里」へ寄ることになる。

 

ここ、「かたくりの里」は里山の斜面にかたくりが大群生を作っていて、ちょうど満開だった。

女性陣は歓声を上げて満開のかたくりの花に大喜び、大満足だった。

後は、一路白橿へ、ちょっと渋滞に遭ったが6:30pmに帰り着いた。

白橿でも桜は満開、この後夜桜で一杯飲もうと桜の下の宴会に向かった人達もあったようだ。