御池岳・鈴北岳(滋賀県、三重県)  

6月8日(日)  41名

 

午前2時頃大雨の音で目がさめる、この雨では登れそうにないと思っていたが、

朝5時前に目を覚ますと雨は止んでいる。

6時に出発しコグルミ谷登山口に9時に到着、蒸し暑い、一応雨の準備をして登りだす。

鈴鹿山系はこの時期山ビルが多く心配だ。登山口からすぐに急登が続く、早速女性陣の

悲鳴が聞こえる、7合目辺りまでは谷沿いの湿気の多い道で、細いのが頭をもたげて

振っているのが目に付く、1人被害に遭ったようだが後は無事だったようだ。

雨上がりの登山道は、蒸し暑いが、ブナの新緑は美しく、ミソサザイ、ホオジロ、リスの姿も見えた。

はかない望みだが長命水を飲み一息ついて頂上へ向かう、御池岳の頂上へは11時過ぎに到着、

41人にはちょっと狭いのと時間も早いので写真を撮って、鈴北岳へ向かう。

 
準備体操9:00am        コグルミ谷登山口9:08am

 
急登の登山道9:10-30am

 
長命水9:50am                谷に沿って登る

 
6合目小休止10:20am


ブナの新緑の中尾根が近い10:35am

御池岳頂上に到着11:20am

1班


2班


3班

尾根道はカルスト台地で高い木が少なく広々として、風も通り気持ちが良い。

日本庭園から振り返ると雄大な御池岳の姿が眺められた。

12時前に鈴北岳のなだらかな頂上に到着、まず写真を撮って昼食とする。

頂上からは、北に霊仙岳、南には藤原岳、鎌ヶ岳が望め、久しぶりに展望が楽しめた。

  
御池岳の下り ブナ林の緑の中11:35am



日本庭園と御池岳

 
日本庭園付近の台地と鈴北岳の頂上に到着した1班 11:57am




1班


2班


3班


 
鈴北岳での昼食 霊仙山 0:30pm

12時半に下山開始、鞍掛峠から鞍掛峠トンネル東口のバスが待つ駐車場へ向かう。

我が会のメンバーの下りは早い、足を痛めないか心配になる。

午後1時半に駐車場に到着予定よりかなり早い、整理体操をして乗車帰路に就く。

 
鞍掛峠 1:15pm         整理体操をする 1:40pm

恒例の、入浴、車内宴会、買い物で予定通り白橿へ帰った。

梅雨の時期の登山としては雨にも遭わず、楽しい一日だった。