観音峰山(奈良県)     2009.1.24

                   参加者  女性 19名   男性 20名

                                          レポート  I .Maruta        写真  T.Furukawa    I .Maruta


まだ暗い白橿を出発し、途中でバスはチェーンを巻き、新雪の登山口に着いたのは8時前。いつもの体操リーダーではなく、
Hさんの号令で準備体操を行い、薄く積もった新雪を十分に防寒をして登り始める。ラッセルの必要も無い程度だが雪のときは男性が先頭。

   

登山口で出発準備                                      風の来ない林間を登る

積雪は少ないものの雪の下は先日までの雨で凍結していて注意が必要。途中の観音平の東屋で悴む手でアイゼンを装着。
風雪も林の中では気にならない程度であったが、観音峰山展望台に着くころにはかなり強くなり、彌山、大日山、稲村ヶ岳などの
期待の展望は利かず。観音峰山の主峰さえ望めない状況に、山頂への登頂は断念。記念写真を撮り早早に寒いところを退却。


    

第一班                                     第二班



 第三班

足元に気をつけながら下山。アイゼンが良く効き全員滑ることも無く登山口に。およそ2時間半ほどの楽しい雪見の山歩きであった。

        

 確りした足取りで無事下山

直ちに2つの大なべで豚汁の調製を開始。その間、呑み助連中は寒さに体内より温まろうと、一升瓶を傾ける。
昨日下ごしらえ準備をしてもらっていたので順調に仕上がる。料理方ご苦労様。昨日、豚汁の準備をしてくださった方々に感謝!!!
熱い、おいしい豚汁ご馳走様でした。十分にお代わりをして昼食は温かく終る。

              

  昼食準備風景
                              

      

 冬景色

食後は腹こなしの運動に(?)、みたらい渓谷を洞川温泉まで歩く。里山道は迷いやすいことを経験しながら、
渓谷沿いの墨絵のような景色、氷瀑(?)などを楽しみながら温泉に着く。汗はかかなかったものの冷えた体に温かな温泉は極楽。
貸切(?)の温泉に十二分に浸かる。ふやけるほど温泉にいるのは・・・と洞川に豆腐を買いに行った人も。
帰りの車中は蒟蒻を片手にコップを傾ける人等等いつもの通りにぎやか。楽しかった山行も、明るいうちに白橿に無事帰着して終った。