住塚山(1009m)・国見山(1016m) 奈良県     2009.4.11
                            
                      参加者  女性 23名    男性 26名

                             レポート     I .Maruta

先回の藤原岳(2009.3.22)が天候の理由で中止になったため久しぶりの山行。そのためかバスは補助席を使うほどの参加者。
天気は全く心配の要らない大快晴のもと、久しぶりに新人会員 I さんを迎え桜満開の白橿を賑やかに出発。
サンビレッジ曽爾よりバスを降り歩き始める。東海道自然歩道を済浄坊ノ滝などを楽しみつつ初夏を思わせる渓谷をクマタワに。

    

 済浄坊渓谷を遡行                             案内図(クマタワにて)                             
                                                                                          

分岐クマタワよりいよいよ山登り開始。直ちに急な階段で、久しく山行に来ておられなかった、O さんがコムラガエリで少しく苦労される。

      

クマタワからの急登                      国見山からの急な下り      

折角高度を稼いだのに登った国見山から次の住塚山へは急勾配を下って登り直し。住塚山にて記念写真。
今登ってきた国見山、遠くに倶留尊山などを一望。



住塚山頂上にて第一班

 

第二班
 

第三班

       

登ってきた国見山                                       倶留尊山方向

         お昼も間近と言う事でまたスピードを上げて下山。屏風岩公苑に着いたのは丁度お昼時間。




「酔っ払う前に!」の号令で整理体操をいつものごとく。

           

屏風岩

                            
                     
快い日差しを浴びて昼食

満開にはもう少しという桜の下で、三々五々昼食。屏風岩の絶景を眺めながらの花見の酒はうまい。かなりの花見客も。
夜桜と屏風岩のライトアップ用の照明設備もあり、交通の便も良いところでもあり満開時には相当の人出がありそうだ。
      昼食後は車に注意しながらバスの来る長野まで広い道を下る。バスで姫石の湯へ。山菜のてんぷらのサービス(無料)に並び、
         ゆったり汗を洗い流した後は、バスの横で涼風に吹かれてビールでメートルを上げる至福の時。当然ビールは完売。
白橿にはまだ日が高いうちに帰着。天候に恵まれ早目の初夏の山行を堪能した一日であった。