天ヶ瀬森林公園と仏徳山(131m) 京都府  2010.4.10

参加者 女性 21名  男性 23名 

レポート: I .Maruta       写真: A.Dobashi ; I .Maruta


花見日和を予感させる明るい日差しの下、多数の参加者が期待に胸弾ませ目的地に向かう。車中、
会長よりの、初め参加予定者は49名ではあったが、キャンセルが5名もあった! というコメンを緊張して聞く。
天ヶ瀬ダムを渡り右岸でいつものごとく準備体操。



天ヶ瀬ダム                     いつもの準備体操


ダム横の急な石段でまず汗をかき、天ヶ瀬森林公園へ進む。
最高点の槇尾山展望台で、宇治市さらに京都方面の展望を楽しむ。
愛宕山、ポンポン山(?)等が指呼出来た。

  

槇尾山展望台


 

展望台からの眺望 (右端に愛宕山、ポンポン山は?)




  

森林公園内の桜以外の花花


展望を楽しんだ後は、ダム湖を一望できるところまで山を下る。

 

ダム湖(鳳凰湖)の見えるところで一休み。まだ昼食の時間ではない。


再びダムサイトを渡り、発電所の横を通り白虹橋を渡って今度は宇治川の右岸へ。
しばらく流れに沿って下り、天瀬つり橋を渡って左岸に。
源氏物語に関した碑などを見ながら十三重石塔のある塔の島へ。
まだ見ごろの桜を愛でながら隣の橘島で待ちに待った昼食。
明るい日差しの下、青い空と、澄み切った川と桜を楽しみながらの飯は美味い。
(吉野の人いわく、「こんな川は澄んでいるとはいえない。川底の魚が見えるくらいでないと・・・」)。

 

源氏物語の古蹟                 十三重石塔

 

 

橘島での昼食




橘島より仏徳山を望む


食事後、橘島より朝霧橋を渡って右岸の宇治上神社へ。
篆書で彫った世界文化遺産の石碑が仰々しいが、なかなか趣のある社。

 

宇治上神社の由来の音声ガイドに耳を傾ける。


宇治上神社を時間をかけて参拝した後、いよいよ仏徳山を目指して登山開始。桜の花、モミジなどの若葉、
山吹などを楽しみながら。途中の展望台より宇治の町ときれいな宇治川が一望。
仏徳山の頂上は三角点も無く(?)、見晴らしも利かないために記念写真は隣の朝日山観音で。

  

花などを楽しみながら・・・・



展望台

  

展望台よりの眺め




朝日山観音で登頂記念 1班



朝日山観音で登頂記念 2班



朝日山観音で登頂記念 3班


本日の登りはこれで終了し、麓の興聖寺を参拝。朝日山を背景にした静かな禅寺では読経の声が。
石楠花が片隅に。モミジの季節も美しいと思われる、新緑の琴坂を下り興聖寺をあとにした。
宇治川沿いに宇治橋まで下り、橋を渡りみやげ物店などが並ぶ中、船の上での披露宴などを眺めつつ
平等院の横を通り過ぎてバスの人となる。


  

興聖寺
  

興聖寺 琴坂


 

船の上で披露宴                    生垣の間より覗く平等院


奥の湯で入浴し、さっぱりしてビールを。天気も良かったせいもあり瞬く間に売り切れ。温泉で生ビールを楽しんでいる女性も。
あとは例のごとく宴会バスは一路白橿へ。良い天気に恵まれ桜花、山吹、ツツジなどなどを楽しみ
気持ちの良い2万6千歩の宇治散策の1日でした。良いコースを計画し案内してくださったリーダーに感謝。



編集後記

天ケ瀬ダムの放流状態が見られず残念・・・、それを聞いてコースの立案者が迫力ある放流時の写真を送ってきてくださった。
その写真を最後に掲載します。有り難うございました。