谷川岳 (1977m 群馬・新潟県)  2011.7.26〜28

(28日登山予定の苗場山は警報の出た荒天のため急遽中止、白橿に戻ることとなった)


参加者 女性10名  男性19名 


レポート、写真 : I.Maruta 


7月26日(火)

関東上信越地方の天気は余り芳しくない予報ではあったが全員、天下の名山に登れる期待に胸を膨らませて曇り空の白橿を出発。

いつものサービスエリアのえびせんべいの店には、「帰りには寄りません」のアナウンスのためか、女性陣は例によって

大きな袋にいっぱいの買い物。その後でまた例によって試食品。商売上手だ!

途中、浅間山が見えたり、妙義山の切り立った岩峰に歓声を上げたり。来年には、この妙義山に来たい、などの声も聞こえた(?)

(もちろん岩を登るのではなく、裾野をトレッキングする平均年齢を考慮したコースを!)

初日の宿泊地、水上温泉にはまだ十分明るいうちに到着。タクシーで「一の倉沢」の絶壁を見に行こうなどの声も出たが

明日その時間をとれるとのことで大人しく、湯に漬かって宴会に。

Tさんがなみなみと入った大杯を飲み干し宴会開始。大いに懇親を深める。

湯檜曽川の瀬音と時折通る在来線の長ーい列車の音を聞きながら早めに就寝。



7月27日(水)

早発ちが原則!!と、6時に特別に用意してもらった弁当を部屋で食べホテルを出発。

予報では午後から雨ということで早めに登ってしまおうと、当初の予定の西黒尾根ルートは止めにして

登り下りともにロープウェイを使うこととなる。

8時始発のロープウェイの窓から眺める急な登りの西黒尾根、文明の利器のありがたさを思う。

 

天神峠が中央(対向ゴンドラの上方)に望める


 

ロープウェイ終点より谷川岳双耳峰・「トマの耳」と「オキの耳」


ロープウェイからリフトに乗り継ぎ天神峠に。



 

天神峠の冷たい清水の湧き出る天満宮

 

ロープウェイとリフトで軟弱になった足を十分にウォーミングアップ


終点の天神峠で十分準備体操を行い、登山開始。(8:45)

変化に富んだ道を順調に登る。




  




「肩の小屋」から「トマの耳」を望む。頂上間じか。


「トマの耳」で登頂記念写真をいつものように。(11:09)

 

「トマの耳」にて第1班


 

「トマの耳」より「オキの耳」を望む。


谷川岳の最高峰「オキの耳」に到着。(11:30)

雨が来るという午後にならないうちにここで昼食。



「オキの耳」登頂記念




頂上で昼食

 

「オキの耳」より「トマの耳」を望む。




山頂付近の高山植物


正確なもので12時近くになるとポツリポツリ。

相変わらず東側からは霧がふきあがってくる。急いで下山開始。

 

「トマの耳」を目指し下山開始


雨が激しくなりそうになったり小降りになったりで雨衣の着替えが大変。

雷が鳴り始めるが、上の方で鳴っていてしかも尾根筋より下がっているので安心(?)。

山靴で磨かれた山道の岩は、雨に濡れて青黒く見るからに滑り易そう。

十分注意して、ピッチを上げる。天神峠には行かず

直接天神平のロープウェイ駅に着いた時、小雨が急に激しい雷雨となる。

ロープウェイは、雷雨のため運転暫く中止。軽装の観光客も大勢、心配顔で。

小一時間後やっと動き出し、さて搭乗という時また停止。安全第一!

ゴンドラより雲間に時折見える谷川岳、もう少し遅くなっていたら、登山道も川になっていたと思わせる光景であった。

 

やっと動き出したゴンドラ内より谷川岳。豪雨で谷筋が白く泡立っている。


N交通のKさんが氷で冷やしておいてくれた美味いビールを飲みながら

他人事のように増水した谷の濁流を驚きの声をもって眺める。

瞼をブヨにさされお岩さんになるのではと心配する女性や、

靴底が剥離しそうになった男の子の小(?)トラブルもあったが、

リーダーの皆さんの適切な判断で、天候の急変にも問題も起こさず無事下山出来楽しい山行であった。



ある人の曰く「山賊の溜り場」で、楽しかった山を語らい美味しい食前の酒を。




リーダー諸氏に感謝の言葉


明日の登山を控え、また宿の娘さん達が後片付けを早くやりたそうにしているのを見て早めに就床という事になる。

山の宿はウォシュレットがあれば、部屋が狭くとも温泉が広くなくともエアコンが動かなくとも全く問題ないが・・・・と思いながら。


7月28日(木)
  
雨、雷、洪水などの警報が出ていることもあり、苗場山は残念ながら断念して帰路に着くことになる。

宿の女将の「山の上で食べたら美味しい・・・」というトウモロコシのついた弁当をもらって、見送りを受けて宿を発つ。

途中、霧ヶ峰・車山のニッコウキスゲが見たいという女性陣の要望で、高速道路から一般道に降りて寄り道をする。

残念なことに時期が少し遅くニッコウキスゲの群落は一部車窓から眺められたのみであった。

 

ニッコウキスゲの群落が見られるはずであった「霧ケ峰高原」




その他の高山植物(ホザキシモツケ)


高速道路に戻り一路白橿へ。往路で歓声を上げた妙義山は、霧の中から山水画のような岩峯群で目を楽しませてくれた。

途中は問題もなく明るいうち、夕食前に帰宅できた。

安全登山に心がけてくださったリーダー諸氏に感謝します。



編集後記

帰宅後の、新潟県、福島県などの洪水状況を見て、その水源に近い苗場などの山山の豪雨の状況を想像した。

適切な判断であった。感謝!!