新春登山・巻向山、新年会  2012.1.14(土)

参加者 女性19名  男性22名 


レポート・写真 : I. .Maruta


今年度最初の山行は、万葉集に数多く読まれているが意外と登った人が少ないという巻向山。

軽く汗をかいた後に新年会をいつもの初瀬・長谷寺温泉の井谷屋で祝うことになった。

霧のようなはっきりしない雲の下、井谷屋よりの2台のマイクロバスに分乗し、ゆっくり白橿を出発、登山口に。(8:20)

奥不動寺までは舗装道を。途中、畝傍山とは違って、犬によって汚染されていないという木苺を見つけほおばる人も。







奥不動寺からいよいよ山道となる。(9:−)

時折細かい白い物が落ちてくるが風も無く、快適に高度を上げる。

山頂の三等三角点で登頂記念写真、残念ながら頂上からの展望は望めず。(9:30)

天候が良くとも見晴らしは、あまり良くなさそうである。




多分二度と登ることはないのでは・・・などと思いながら山頂を後にする。

深々とした落ち葉の道、リーダーが言っていた、「人が余り登っていないので・・」という藪をかき分け快調に下る。

貝吹山の藪よりは大分ましとは言え、初めての時には迷いそう。下見をしてくれたリーダーに「ご苦労様でした。」







長谷寺温泉湯元・井谷屋に全員無事到着。(11:−)

あまり汗はかいていないもののやはり温泉は良い。ゆったり千人風呂で温まり新年会に。

忘年会のときの失敗を繰り返さぬようにと、酔いがまわる宴会前に記念撮影。




会長の挨拶、リーダーの谷本さんの音頭で乾杯。後はいつもの如く賑やかに懇談。

宴会部長のアイデアのボージョレ・ヌボーは、味もさることながら鮮やかなワインレッドが女性に好評であった。

(航空便用にプラスチックスのボトルで軽量化してあることをはじめて知る。)



 



展望は余り期待できない山ではあったが足慣らしに軽く登って、

その後に温泉で汗を流し、懇談するという新年にふさわしい山行きであった。

今年も大いに安全に、楽しい山登りに参加しましょう。




新春登山の足跡