飯盛山(538m)・長者ヶ峰(650m) 和歌山県  2013.4.13(土)

参加者 女性16名 男性18名 


レポート・写真 : I.Maruta




久しぶりに補助席も使っての賑やかなバスは酒蔵に立ち寄った後はまっしぐらに目的地へ。

阪和自動車道を快適に進み8時過ぎには登山口の中津郵便局前に。

雲一つない青空のもとで十分準備体操を行った後、「なかつ平成の森」へ広い舗装道路をゆったり登る。(8:30)



気持ちの良い大快晴の日差しの下で真面目に準備体操(8:17)


「なかつ平成の森」より山道に入る。ウバメガシの林の中の上りが続く。

途中、急斜面のトラバース箇所があるが、虎ロープでしっかり確保されているので安心。と思いきや、

ロープが結わえてあるかなり太い木が根元から折れているのに気づかずグラリとしてドキッとする。

ここはきちんと折れた木を処理しておかねばとは思うが、手に余る。

 

ドキリ!!とした難路(9:28)


急坂を上って360度の展望の開けているという山頂らしからぬ頂に。

三角点もなく、国土地理院の地形図には標高も記されていない。

南の方向の展望は良いものの、360度見渡すことができたかどうか記憶にない。

狭い道端でスペースなくそろっての登頂記念の写真は撮れずそそくさと長者ヶ峰へ。

   

飯盛山山頂でのスナップ(10:29〜30)


長者ヶ峰頂上の直前にも急な登り。標高の割には結構なアルバイト。



最後の急登(10:48)


やれやれと、やっとそろって登頂記念写真を。



長者ヶ峰山頂での登頂記念写真(第1班及び2班)(11:17〜18)


昼にはまだ早いが昼食。陽だまりは暖かいものの日陰での食事は少し寒かったと。



 

あまり広くない長者ヶ峰頂上で三々五々の昼食(11:23〜24)


昼食およそ半時後下山開始。(11:53)

登りでヒヤリとした箇所で、今度は折れた木につかまって女性がドキッ!!。



寄り道をする前の第1班の後を追う第2班(13:01)


第1班との間が空いてしまった第2班は途中道をそれ、藪漕ぎをしたりした人もあったが、

全員無事「平成の森」に下山。(13:45)

整理体操後、広い林道をバスの待つ国道へ。(14:20)

直ぐ近くの中津温泉「あやめの湯」で汗を流した後は、バスの横で至福の時を。

女性は無料の八朔をお土産にする人も。



快い日差しと薫風、ビールがうまい(15:06)


花も「もちつつじ」や「みやましきみ」などがぽつぽつ程度の、

あまり特徴のある山ではなかったなーなどと思っていたが、下から見る飯盛山は、

いかにも見晴がききそうで下山してから登攀意欲をかきたてられる(?)。

 

山頂では想像もつかなかった飯盛山の雄姿(15:30)


後部特等席が賑やかな帰路のバスは、渋滞もなくまだまだ明るい6時前に白橿に到着。

楽しい山行でした。下見で苦労されたリーダーの皆さん、ありがとうございました。




軌跡