2013.7.31〜8.2 白山

レポート M.Tanaka

 写真 I.Maruta H.Utumi  M.Tanaka

7月31日

5時50分、19名の参加者が白橿町を出発、名阪国道、東名阪、名古屋環状を経て

 東海北陸道の白川郷インターを降りる。

 マイクロバスに乗り換え、天生(あもう)湿原の駐車場で降りる。

 駐車場で昼食、環境整備協力金1人500円を払って入る。





3時間ほどの散策、最後の方で30分ほど雨が降った。今回の行程で歩行中に雨に降られたのはこのときのみ。


マイクロバス、奈良交通のバスに乗り換え富山県の華山温泉で宿泊。




8月1日

朝から雨、日本海側の各地で大雨、死者も出ているとのニュ−スが入る。

白山方面も大雨警報が出ていた。出発を遅らして朝食後の情報を確認する事とした。

華山温泉の朝食が豪華だった。日本一の朝食を目指しているとか。

8時前の天気予報でも警報は残っていたが、雨が止むとの情報もあり、雨具を荷物の一番上に置いて出発。



東海北陸道を戻り、マイクロバスに乗り換えたとき雨は降っていなかった。

駐車場で体操後平瀬道を上り始める。





白水湖

登山途中 左側が御前峰




キヌガサソウ

 

コバイケソウなどの群落を抜ける

クロユリの群落 これだけ咲くのはなかなか見られない。

午後4時室堂センターに着いた

室堂センター到着後の集合写真

大雨で西側からの登山ができないため室堂センターはすいていたが、20人定員の1部屋が割り当てられたため中は満員だった。


8月2日


午前4時に宿舎出発



ご来光を見る予定だったが、下の方は雲がかかっていたため、日の出がなかなか見られなかった。

   日の出まで神社の人が色々な説明をしてくれる。

  日の出前に集合写真



 ついに日の出が見られた。



日の出の反対側 (影白山)



 御嶽山が浮かんで見える。

    下る時現地ガイドが花の説明をしてくれる。色々花の名前を言ってくれるが、覚えきれない。

御前峰(白山頂上)下る途中から室堂センタ−を見る


 午前7時半に室堂センター出発、下り始める。先日の雨で観光新道が荒れているということで、

コースは、五葉坂・エコーライン・砂防新道に変更。



室堂センター近く 山は別山



後ろの山に室堂センターがある



黄色のクロユリ




      真ん中左のエコーラインを下り少し上がってまた降りる(赤点線、:現在地:南竜分岐)。

左の観光新道は閉鎖されていて、多くの人が砂防新道を登ってくるため、下るのに相当時間がかかった。

 別当出合に着いて最後の体操

   石川県の白峰温泉で入浴、食事、嬉しそうな顔


九頭竜川沿い福井北インターから北陸道、名神、八日市インターから一般道、上柘植、名阪国道をへて午後8時白橿着

結果的に天候に恵まれ、花もちょうど咲き頃で非常にいい山行だった。