雲山峰(490m・大阪府  2015.2.8(日)


レポート・写真 : I.Maruta 


参加者 : 女性 13人  男性 17人



日の出前、加うるに雨天予報の低い雨雲で暗い中、元気に集合、バスは定刻出発。

登山口に近ずくに従ってバスの窓に心配していた雨滴。




全員完全装備で準備体操後、出発(7:40)




登り始めからかなりの急坂、雨具のせいで十分に汗をかく。


幸いなことにほどなく雨も上がり風は強くなってきたが道もほとんどぬからず快調に上る。



大パノラマが堪能できる縦走ルートの名に恥じない、関西国際空港方面を見下ろす展望台(8:50)、

爆音は聞こえるが、残念なことに春霞(?)の様な状態ですっきりした景色は望めず。


その他「絶景の見晴台」などという開けたところからの俯瞰を楽しみつつ尾根道を行く。



小さなこぶのような盛り上がりを幾つも越えた後


 

  やっと小さな祠のある雲山峰頂上に。(〜10:50)


頂上をそそくさと後にして待望の豚汁を調製する「青少年の森展望広場」に到着したのは丁度腹時計がお昼。(11:20)



豚汁が待てず、体内から温める連中も数多。(11:23)


世話人の方に昨日買い物、前準備をしていただいた沢山の具を大きな二つの鍋に。



風除けにバーナーの周りに集まり、出来上がりを待つ。(11:45)


 

待ちきれず昼食を食べ終えた頃にアツアツの豚汁完成。


 



体も暖まり幸福のひと時。




青年の森展望広場より北のかた、地味な雲山峰。




南に、桃源郷となるという紀ノ川一帯。




紀ノ川などの展望は素晴らしいものの、それをバックに記念撮影は難しい、

北側の登頂してきた雲山峰はまた特徴のない土の盛り上がりで・・・ということで、

ウバメ樫(?)をバックに全員そろう。


下山開始(12:30)



ヤマモモの林を抜け、快調に下る。(13:00)

先に駅に到着したという最後尾グループの二人と無事合流し、




すっかり晴れたあがった陽を浴びて真剣に整理体操。(14:40)


今回は温泉は割愛して一路白橿へ。まだまだ陽が高いうちに全員無事帰着。



美味しかった豚汁の後始末は幹事さんに任せて全員帰路に就く。(16:40)


お世話をしていただいた皆さんに感謝・感謝!!の楽しい山行でした。








雲山峰山行のGPS軌跡およびハイキングコース図にオーバーラップさせたGPS軌跡図。

(軌跡がコース図のルートに完全には一致していないのは、コース図の撮影時の歪みなどによるようだ。)