7月例会・栂池自然園(1900m)・白馬大池(2400m)・蓮華温泉-散策長野県2泊3日2018.07.11(水)〜13(金)

参加者 女性8名 男性12名

写 真:Maruta/Kimura

レポートMaruta

07/11(水)一日目(天候:晴れたり曇ったり)
定刻5時より数分早くバスは白橿を出発一路白馬へ
天候は山の方も全く問題ないとの「山の会気象台」の発表で一安心
走行中の車内で昼食を済ませ、十二時半栂池ゴンドラリフトの乗り場に到着
ゴンドラリフトから栂池ロープウェイに乗り換え
地上からではなかなか気着かないというシラビソの梢近くに群生する紫黒色の実(マツボックリ)を眺めながら
長い空中散歩を楽しみつつ終点の自然園駅に。
宿泊する栂池ヒュッテに荷物を預け身軽になって栂池自然園を散策
盛りは過ぎたとは言うものの馴染みの水芭蕉が所々に
そのほか多くの高山植物も、花の名前は聞いても数分後には忘れてしまうという輩もいたが
皆さんそれぞれ名カメラマンになって高層湿原を楽しむ。(写真)

およそ二時間半ほど散策後、風呂で汗を流し美味しい夕食
その後は例によって野郎どもは宴会。ただ明日に備えて早めに就寝

7月12日(木)天候:晴れたり曇ったり後小雨
早朝わずかに雲間より白馬岳がちらりと覗く(写真)

出発前、元気なうちにとヒュッテ前でミス栂池ヒュッテと記念写真(写真)

昨年虫にたかられた経験で防虫網を着用する人あまた
途中でささやかな雪渓(写真)

天狗原で小休止(写真)

最後にかなりの残雪の雪渓を登るが雪は柔らかくアイゼンの利きは良くない(写真)

今回の最高峰乗鞍岳(2437m)のケルンのもとに到着した時にはホット一息
ライチョウの親子には心和む(写真)

登頂記念写真は例のごとく(写真)

あとは下る一方とのことで白馬大池を見ながら、ハイマツの斜面で昼食
白馬大池付近の高山植物を楽しみ(写真)

後は悪路をただただ蓮華温泉に向けて下る
途中で雨に会ったりしたりで、バスのまつ蓮華温泉に着いたのは5時半近く
一時間ほどで姫川温泉の宿に
熱熱のかけ流しの湯で汗と疲れを流し、おいしものを食べ、野郎どもは最後の酒宴を楽しむ(写真)


7月13日(金)天候:晴れ
帰路、糸魚川近くの「フォッサマグナミュージアム」に寄り、フォッサマグナの認識を新たにした
また翡翠の魅力に取りつかれ親不知の海岸で翡翠探しを楽しむ
各人それぞれ石(翡翠?)を見つけ大いに喜ぶ(写真)

昼食は鱒ずしを食べ7時過ぎに無事白橿に帰着。楽しい山行でした。
関係者の皆さんに感謝します。

来月は学能堂山(1022m)奈良県の予定です。